Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

Node.jsを周りを更新していく

Node.js 備忘録 JavaScript

去年、少しNode.jsを使ってアプリを書いていたが、それっきり使わないでいたら、いつの間にか最新のVersionが6になっていて焦ったので、自身のNode.js環境を最新にアップデートすることにした。

ちなみにNode.jsをインストールしたとき、どうやってインストールしたのか覚えていないし汗(たぶん公式から直接バイナリ落とし的インストール)、そもそもバージョン管理ツールも導入していないようだったので、これを機にそこら辺の管理もしっかりとしていくことにする。

私の環境はMac OS X - El Capitanである。


nvm導入&Node.jsインストール

下記記事を参考にして、まずはnvm導入から。

qiita.com

まずGithubリポジトリから落としてくる。

git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm && cd ~/.nvm && git checkout `git describe --abbrev=0 --tags`

gnu-sedも入れる必要があるようなので、こちらもbrewコマンドからインストール。

brew install gnu-sed

nvmにパスを通す。
(追記:この記述を".bash_profile"に記載することで、常にシェルを立ち上げたときに"nvm"側のnodeコマンドが使えるようになる)

source ~/.nvm/nvm.sh

確認

nvm --version
0.31.0

インストールできるバージョンを表示させる

nvm ls-remote

下記のコマンドでインストール

nvm install v6.0.0

これでOK!

ちなみに以前インストールしてあるNode.jsは下記のパス上に存在しており、
バージョンがだいぶ古いものであった。。。

/usr/local/bin/node --version
v0.12.2

npmのアップデート

下記記事を参考にアップデートを行った。

chaika.hatenablog.com

npm update -g npm

古いパッケージを確認

npm outdated -g

すべてのグローバルパッケージをアップデート

npm update -g

現在のJavascriptシーンがどうなっているか?

そういえば、Javascript関連で下記の記事が面白かった。
あまりJavascript関連には触れていないので、これを機にしっかり現在の波を捉えていきたい。

10年のツケを支払ったフロント界隈におけるJavaScript開発環境(2016年4月現在)。 - 日々、とんは語る。