at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

Apple Musicを使ってみた感想

今更ではあるが、最近Apple Musicに登録した。しかも3ヶ月間のトライアル期間が今もあるらしい。
てっきりサービスが始まった時期限定かと思っていたよ。

Apple Musicを使ってみて、予想はしていたが、やはりこれは音楽の聴き方が変わる。
ネットワーク経由ではあるが、Appleの膨大なライブラリを漁って聴けるのはでかい。
しかも楽曲をダウンロードすれば、オフラインでも聴けてしまう。
(勿論購入するわけではないから、自分のものになるわけではない。)

導入方法について

一応導入する時に参考にした情報を下記に備忘録的に貼っておく。

と言っても、公式の説明を見れば十分わかる。

support.apple.com

オフラインで聴く方法はこちら

support.apple.com

こちらの説明はデバイス同期用に

simpleguide.blog.jp

置き換えと結合の違いについても解説されている。

simpleguide.blog.jp

以上。

使ってみた感想

便利だし、使い勝手が良い。
私は以前は、iTunesに楽曲を10000曲以上入れて、自身のライブラリから楽曲をチョイスして聴くか、
(持ち歩く場合は当然iPod Classicである。販売が終了したときは残念だったが、Apple Musicを導入して、もうあまり関係なくなった笑)
もしくはYoutubeで聴くか、といった感じだったが、
Apple Musicがあれば、ネットワークに繋がっているという条件はあるものの、その場の聴きたい楽曲をAppleの膨大なライブラリから探せて聴ける。

例えば、朝イチ、Stan Getzが聴きたいと思ったら、すぐにStan Getzの膨大なライブラリから聴きたいアルバム、もしくは楽曲をチョイスして聴ける。
そのままオフラインで聴きたくなったら、ダウンロードしておけば良い。
所有しているiOSバイスなどに同期させておけば、外で聴ける。
実に楽ちんスマートだ。

まあ、そういうわけでApple Musicはとても便利である。
Spotifyが日本に来たらやろうと思っていたが、Apple Musicで満足である。

そうそう、話は変わるが、DJ Shadowの新譜が超良かった!
これは今年ベストアルバム3の一つになりそうである。