Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

Vagrantを使用して構築したUbuntu Server上に、re:dashをインストールする。

オープンソースのデータ可視化・共有プラットフォームであるre:dashを試してみたくなったので、Vagrantを使用して構築したUbuntu Server上に、re:dashをインストールしてみた。
いつでもサクッとre:dash環境を作成して試せるよう、インストール時の内容を備忘録として残しておく。

なお、自身の環境はMac OSXであることを一応記載しておく。

1. Ubuntu Server環境構築

まずはvagrantを使用してUbuntu Serverの環境構築を行う。
下記のboxを使用した。
Vagrant box ubuntu/trusty64 | Atlas by HashiCorp

mkdir 作業するフォルダ名
cd 作業するフォルダ名
vagrant init ubuntu/trusty64
vagrant up --provider virtualbox

これでUbuntu Serverが立ち上がるので、接続。

vagrant ssh

2. re:dashインストール

wget https://raw.githubusercontent.com/getredash/redash/master/setup/ubuntu/bootstrap.sh
sudo sh bootstrap.sh

この時点で、ブラウザにアクセスするとre:dashに繋がる。
ユーザ名とパスワードは共に"admin"である。


が、この時点でコマンドを打つたびに、下記のメッセージが表示されるようになった。

Cannot allocate memory

メモリが足りていないので、Vagrant の設定ファイルで割り当てるメモリを1024MBに増やす。
Vagrantfileの下記項目部分のコメントアウトを外せば、ひとまずはOK。

   config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
     # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
     # vb.gui = true

     # Customize the amount of memory on the VM:
     vb.memory = "1024"
   end

3. re:dashを最新版にアップデート

bootstrap.shを使用してインストールした場合、最新版でないこともあるよう。
最新版にアップデートする。
(先に書いておくと、2の手順で既に最新版がインストールされていたので、作業自体はここで完了となる。
だが、最新版へのアップデート手順も記載しておく)

sudo pip install fabric requests

wget https://gist.githubusercontent.com/arikfr/440d1403b4aeb76ebaf8/raw/f9ae30f6b0968987a5957aba33bd393e542cb549/fabfile.py

fab -H vagrant-ubuntu-trusty-64 -u vagrant deploy_latest_release
(ログインパスワードを求められるので入力。vagrantのデフォルトパスワードは"vagrant")


上記コマンドを打ったら、"No new migrations in this version."というメッセージが表示されたので、アップデートはされなかったよう。
Githubリポジトリから最新のVersionを確認してみたら、どうやら最初から最新版がインストールされていたようである。

参照記事

下記の記事を参考にインストールした。

qiita.com

追記(2016/8/21)

ログイン画面のキャプチャを貼り忘れていたので、追加。

f:id:shinshin86:20160821071259p:plain