at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

Mac OS Xの容量不足問題。追記アリ

XCode関連

無事に解消したと思ったのもつかの間、忘れた頃にやってくるのが私のMacbook Proの容量不足問題。
搭載しているSSDの容量の問題もあるにはある(128GBなので。やはり512GBぐらいほしいな)。

端末からduコマンドなどを使って色々とファイルの容量を探ってみたら、どうやらXcode関連のゴミがかなり溜まっていそうだったので、削除してみようと調べてみた次第。

下記の記事がとても助けになりました。
※なお、削除については自己責任で行ってください。

qiita.com

上記の記事を参考にひとまず

  • DerivedData
  • iOS DeviceSupport

の2項目を削除。

それほどiOSなどのアプリは作っていないので、私の場合はそこまで大きな恩恵に与れなかったかもしれないが、それでもさくっと15GBぐらいは容量が空いた。

追記 (2016/12/16)

15GBぐらい消して落ち着いたのもつかの間、またもMacの容量不足問題勃発。
今度は下記のキャッシュを削除することで解決。

※動作に問題ないことを確認していますが、一応削除については自己責任でお願いします。

このディレクトリの下に溜まっているキャッシュファイルを削除
3-4GBぐらい溜まっていた。

/System/Library/Caches/*

AppleMusicを聴いていると、ここの下にたくさんキャッシュが溜まる。私は5GBぐらい溜まっていた。 たくさんの曲をつまみつまみ聞いている方はもっと溜まっているかもしれない。

/Users/{ユーザ名}/Library/Caches/com.apple.iTunes/SubscriptionPlayCache/{00000000~~~~~がいっぱい並んだディレクトリ}

下記の記事を参考にさせていただきました。

ありがたや〜!

takuya-1st.hatenablog.jp

http://daiskegbs.tumblr.com/post/89663486172/match-cache
daiskegbs.tumblr.com

Docker.qcow2について

また、下記の記事を参考に時折、"Docker.qcow2"も消しています。
気づくと数GB行っていたりするんです。

easyramble.com

あとがき的な

というわけで、
相変わらず私のMacBook Proは容量不足に悩まされている。
が、これのお陰でどういう場所にキャッシュが溜まるとかが勉強になった。

以前ブログにも書いたが、注文したMacBook Proがもうそろそろ手元に来る(たぶん明日手にする予定)。
そちらには512GBのSSDを乗っけているので、容量不足の問題とはしばらく縁はなさそうだが、
この容量不足に悩まされているMacBook Proに対しては長年共に過ごしてきた故の情もあるし、
純粋に使い慣れている部分もあるので、これからも活躍してもらうつもりだ。

もう使い始めて4-5年経つが色々と障害はあれど(GUIから電源が切れなかったりアップデートできなかったり。。。)、
それ以外はちゃんと使えているので心強い限りである。