at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

浅野いにおと20代の私

浅野いにおの漫画家入門

先日、少しずつ読み続けていた、浅野いにおの漫画家入門を読み終えた。
浅野いにおのプンプンを読んで、なんだこのブラックフラッグばりのヒリヒリとしたオルタナ感に、性格をめちゃくちゃ悪くしたサイモン&ガーファンクルのような救われない青春感を混ぜ合わせた問題作は!!、と衝撃を受けてから、気づけばもう10年以上経っているような気がする。

エッセイといったカジュアルな文体で読む浅野いにおは、想像した通りに脱力していて冷めていて、でもさすがと言っていいのか、文章はやはりうまかった。

漫画家入門について簡潔に感想を書いておくと、浅野いにおが好きなら、まず楽しめる内容だと思う。
あと、本の中に出てくる、ゆかちゃんというアシスタントの子の姿を見て、最初山本さほさんが描かれたのかと思ったが人違いだった。
そんなどうでもいいような感想を書いてしまったが、内容は良かった。
一点だけ文句をつけるなら、なんでKindle版がなく紙の本オンリーなのか!というぐらいである。
が、まあ、ひさびさに手にする紙の本も悪くはなかった。

浅野いにおは、文章もすごい。初めてのエッセイ集。 再婚、新居の購入、画業20周年。生活をとおして「漫画を描くこと」を見つめた、1年の記録。

話は少し変わるが、私が山本さほさんのことを知ったのはrebuild.fmで宮川さんが紹介していたからだった。
そして、その山本さほさんの無慈悲なエイトビットというエッセイ漫画に浅野いにおが登場していて、遠い過去に葬り去られた二十代の記憶が蘇ってきた。

20代の頃、私は音楽で食べていくためにガムシャラに曲を作りまくっていた。
Perfumeの曲を聴きながら中田ヤスタカの音作りを研究していたのも、はるか遠い昔のことのようだ。
(これまた話がずれるけど、Perfumeの曲もApple Musicで色々と聴けるようになって嬉しい限りです。)

Perfume the Best

Perfume the Best "P Cubed"

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥2900
music.apple.com

気づけば、30も半ばに差し替かかる今日この頃、最近では自分の年齢も分からなくなってしまった。
そのことを妻に話すと笑われてしまう。たしかに私も人から同じことを言われたら同じように笑うだろう。
自分の年齢は分からないが妻が同い年のため、妻の年齢を思い浮かべてから自分の年齢に気づくという不思議なプロセスを経て、最近は自分の年齢を認識している。

作曲家としてひたすら曲を書いていたと思っていたら、いつの間にやらソフトウェアエンジニアとなり、気づいたらスタートアップでコードを書いている。
人生とは何が起こるか分からないものだと、つくづく思う。ただ、だからこそ人生は楽しい。