at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

Fitbit APIを使って、本日のActivityを取得するかんたんなサンプルを書いてみた(Node.js)

以前から気になっていたFitbit APIを試してみた。

セットアップなどについては下記の記事がとても参考になった。

qiita.com

ひとまずはtokenを取得して、APIを叩けるところまで準備し、下記のコードで本日のactivityが取得できることを確認した。

const fetch = require('node-fetch');
const config = require('config');
const moment = require('moment');

(async() => {
    const today = moment().format('YYYY-MM-DD');
    const url = `https://api.fitbit.com/1/user/-/activities/date/${today}.json`;
    const option = {
        method: "GET",
        headers: {'Authorization': `Bearer ${config.token}`}
    };

    const response = await fetch(url, option).then(r => r.json());
    console.log({response});
})();

上のコードを実行するには、下記コマンドでライブラリを導入の上、 config/default.jsonに下記の記述を追加する必要がある。

yarn add config node-fetch moment
{
    "token": "取得した自身のtokenを設定"
}

ちなみにactivity取得APIに関するドキュメントは下記にあった

dev.fitbit.com