Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

Dockerを用いたre:dashのインストール

Docker re:dash 備忘録

Dockerを用いたre:dashのインストール

個人的な備忘録。
Dockerからre:dashを試したかったので、
起動までの流れをメモ。

git cloneしてきて、サンプルの設定ファイルを元に、
設定ファイルを作成する

    git clone https://github.com/getredash/redash.git
    cd redash/
    cp docker-compose-example.yml docker-compose.yml

docker-compose.ymlの設定を環境にあったものに変更する
今回は動作確認のテストが目的なので、
下記のようにパスを設定してしまう。
実際は環境にあったものを設定する
また、ポートなどの設定もこちらのymlから設定できる。

postgres:
  image: postgres:9.3
  volumes:
#   - /opt/postgres-data:/var/lib/postgresql/data (デフォルトの記述を下記に変更)
     - ./opt/postgres-data:/var/lib/postgresql/data

PostgreSQL のコンテナを起動

    docker-compose up postgres

PostgreSQL のコンテナが起動後、
下記コマンドを実行。
なお、この時点で端末が操作できなくなるので、別タブを起動してそちらからコマンドを実行すること。

    ./setup/docker/create_database.sh
    docker-compose up

これでre:dashが立ち上がるので、下記のURLでアクセスする。

    http://127.0.0.1:80

下記のID&PASSで入れる。

    ID: admin
    PASS: admin


試しに確認したあとは

    docker rm -f ~~~~
    docker rmi ~~~

などで掃除した。


なお、以前Vagrantでre:dashを試したときの記事はこちら。

shinshin86.hateblo.jp