at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

【クラウドストレージ vs 外付けHDD】iPhoneで撮りまくった動画はどこにバックアップするのが良いか?

何ヶ月も前に書いていた文章が下書きフォルダの中で塩漬けになっていたのを発見したので公開することにした。
(またやってしまった...)

目次

結論

2021年になっても外付けHDDに動画のバックアップを取っておくのが一番良さそう!

シンプルで分りやすく、そのうえ一番大容量。

[いきなり脇道] 家族での写真共有はみてねがおすすめ

お父さんお母さんあるあるだと思うが、子供ができると、iPhoneなどで子供の姿を動画に収める機会がものすごく増える。

我が家ではmixiが運営しているみてねというサービスを利用して、夫婦&それぞれの家庭の家族に子供の写真を共有する運用を行っている。

mitene.us

毎日たくさんの写真や動画を上げているが、動作が重くなることもなく、アプリの動作は非常にサクサクと動く。

我が家での みてね満足度 は非常に高く、おすすめの写真共有アプリはなにか?と聞かれたら みてね を勧めたい。

動画のバックアップに最適なクラウドストレージサービスはあるのか?

さて少し脇道にそれてしまったが、本題の動画のバックアップである。

というわけで、順に検討していく。

なお、ここでの検討内容には私個人の私情が多く挟まっている。
(例えばDropboxは別の用途で既に使っているので却下...など)

ただクラウドストレージの料金体系などもメモがてら残しておくので、そういう面で参考になれば幸いである。

Dropbox

Dropboxは別の用途で既に使ってしまっており、写真や動画で容量を圧迫したくない。よってこちらは却下。

なおDropboxの料金体系は下記のようになっている。

f:id:shinshin86:20211011224537p:plain

写真は月払いの値段となっているが、年間払にするともう少し安くなるようだ。

Googleフォト

無制限無料が解除されるので候補からは外れてしまった。無制限無料だったら、間違いなく第一なく候補だった....

また、2021年6月からGoogle ドライブの容量としてカウントされるようになるらしいので、別途Google ドライブを利用している身としては使えない。

f:id:shinshin86:20211011224929p:plain
キャプチャはGoogle Oneの料金体系となる

キャプチャはGoogle Oneの料金体系となる。Google Photo単体での料金表は見つからなかったが、今はそれ単体では契約できないのだろうか?

ちなみに妻はGoogle Photoの2TBプランに加入しており、月額1,150円のようだ。
(iPhone上でサブスクリプションしている)

Box

こちらも既に別途利用しているのでその時点で候補から外れる。

やはり既に使っているストレージサービスに動画をバックアップ用途で上げるというのは、そもそも残容量を圧服するという観点からきつい。。

なお個人の無料プランだと10GBまで可能なようだが、一度に上げられるファイルの容量に250MBまでの制限がある。

f:id:shinshin86:20210430220405p:plain

Amazon Photos

まだ使ったことがなかったので、もしかしたら銀の弾丸になるかもしれない...!という期待を抱いてドキュメントを読む。

調べた概要は下記の通り。

Amazon Photosはプライム会員向けの無制限のフォトストレージである。そして注意点したいのは動画は無制限ではなく、5GBまでという制限がついている。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=G6PT8TMLM9NVZCSL

おしい!今回はあくまで動画バックアップ用途としてのクラウドストレージ選別だったので、これは非常に残念ではあるが、それでも写真が無制限にバックアップできるのは嬉しい限り。

せっかくプライム会員なのだから、今度写真のバックアップ用途に限定して使ってみようかしら。

iCloud Drive

iPhoneユーザならこれでいいのでは?と思うが、すでに月額130円の50GBまで使用可能なプランに入っている。

動画を撮るたびに勝手にバックアップされていき、いまでは容量が足りませんというエラー通知ばかり来る。
(動画のみ自動バックアップしないようする方法はないものだろうか?)

というわけで、こちらも却下。

結局、最強はバックアップ用の外付けHDD!?

結局調べていくと、無料プランだと保存できる量には限りがあり、また有料の場合の料金プランを考えると、外付けHDDにガンガンバックアップをとっていくのが一番コスパは良さそうだということに気づいた。
(勿論自分でバックアップを取ることの労力はかかるが、それでもこちらのほうが個人的には良さそうかなと)

なお、iPhone上の動画をバックアップする手順としては下記の通り。

  • iPhoneからMacBookairdropを使って、大量に動画を送る
  • 受け取った動画を外付けHDDに移していく

2021年においても、このシンプルすぎるぐらいシンプルなバックアップ方法が(古臭くはあるが)一番確実でした。