Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

at backyard

Color my life with the chaos of trouble.

これからRuby on Railsを始めようと思っている人

はい、それは私です。

f:id:shinshin86:20160709081252p:plain

そのうちRuby on Railsに触りたいと思っていたが、"そのうち"がまた"そのうち"、その"そのうち"が、、、という状況になりつつあるような気がしたので、ここはいっちょチュートリアルをやろうと決心した。

railstutorial.jp

ここはRuby on Rails Tutorialの日本語訳が鉄板かと思い、つい1時間ほど前から開始した。
かなり説明が分かりやすいし、Tutorialのテンポ感も良いので、手を動かしていて結構"やっている感"が感じられて満足感高い。

Ruby on Railsの魅力も分かりやすく紹介されており、他の言語をかじっている人ならば、本当に1〜2時間とかそれぐらいで上っ面の概要が飲み込めるレベルである。Ruby on Railsと、このTutorial、それぞれの質の高さが伺える。

ちょっとVimをいじる

今回チュートリアルをやるにあたって、基本的にエディターはvimを使っていたのだが、なんかRubyでのインデントが8ぐらいに設定されていた。。。vimの設定ちゃんと整理しなければ。。。

チュートリアルにはインデントはスペース2個分が常識となっている旨が書かれていたので、Rubyファイルを開いた時だけインデントを2にするようにvimの設定を変えてみた。

qiita.com

こちらの記事を参考に、下記のファイルを作成し、

~/.vim/ftplugin/ruby.vim

ファイル内に

:set shiftwidth=2

とひとまず記述。


追記(2016/8/6)

あと、.vimrc内に下記の記述を追加する必要がある。
書き忘れていたので、追記した。

" ファイルタイプがRubyのときは"~/.vim/ftplugin/ruby"が実行される
autocmd BufRead,BufNewFile *.rb setfiletype ruby

これでRuby(.rb)で開いた時だけインデント幅が2つになる。


Ruby on Rails面白いです。